国内商標管理システム「MASYS-TR」

MASYS-TRは国内商標を管理するシステムです。

商標は、特許や意匠とは権利客体の性格が異なり、法制度も特許法や意匠法とは違う点も多くあります。MASYS-TRは、期限管理・包袋管理をはじめとするMASYS-PAの基本機能を踏襲しつつ、商標業務特有の機能を備えたシステムです。
MASYSは商標管理ソフト(TR、FT)のみを単独でご導入いただいて、商標管理業務を運用されている企業様もあります。シンプルながらも長年定評のあるMASYSの商標管理システムを是非お試しください。

画面構成

出願番号 等書誌事項の他、最新更新日・整理番号・受付整理番号・発生部署・担当者・依頼者・実施状況・適用商品等の内部管理項目、更新管理項目等など充実の管理項目を一覧性を重視した管理画面構成で出願案件全体を把握しながら管理できます。

 

基本画面

国内商標管理-基本画面

  • 図面所在情報に基づきイメージファイルが実在すると商標画像を表示します。
  • 出願関連書類に包袋書類をはハイパーリンクすることができます。
  • 受付管理時の内容が参照出来ます。(商標についても特許などと同様に受付管理機能を有しています)

 

経過画面

国内商標管理-経過画面

  • 手続補正・拒絶査定等の重要中間記録が中間記録欄に入力されると事件種別/送達日/手続期限等が自動セットされます。
  • 中間種別ごとに包袋資料をリンクすることにより、包袋資料の迅速な確認が可能です。

 

指定商品画面

国内商標管理-指定商品画面

  • 要約・抄録が入力出来ます。PATOLISや電子出願データから入力可能です。

更新管理

商標に特有な管理業務として「更新管理」があります。MASYS-TRは、更新チェックリストや更新リスト、更新登録申請書など、商標更新業務に必要な機能を備えています。

 

国内商標更新管理

 

更新の流れ

MASYS-TRでは関連項目を自動設定し、誤入力を防止します。

  • 「登録日」を入力と「更新始期」「更新終期」が自動セットされます。
  • 国内商標更新1

  • 「更新申請日」を入力すると、「更新始期」、「更新終期」がクリアされ「更新数」がセットされます。
  • 国内商標更新2

  • 「更新登録日」を入力すると、(初期)登録日+(更新数*10)年で再計算して法的に根拠のある登録日を更新登録日としてセット。この更新登録日を元に「更新始期」、「更新終期」をセット。これで次の更新管理に対するデータ準備が完了します。 
  • 国内商標更新3

 

 

MASYS_TOPページへ戻る